読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文民統制がしっかりと維持されるのかという疑問も再燃しそうだ。

敏行です、この人は物言う軍人としても有名だ。
97年には著書で、ベトナム戦争中の米政府や統合参謀本部指導力欠如を鋭く批判した。
ゲリラやリストなど反乱勢力を鎮圧する作戦や行動の専門家で、2014年に米タイム誌の最も影響力のある100人に選ばれた。
トランプ氏と距離を置く共和党主流派の重鎮、マケイン上院軍事委員長は声明でマクマスター氏の人事をトランプ氏に大きな信用を与えると評価した。
マクマスター氏がロシアは脅威であり、米国の敵対国という安保に関する従来の見解を共有しているためだ。
同じ軍人出身のマティス国防長官とも路線が重なる。
一方、 親ロシア派で、就任前に対ロ制裁の解除を伝えたとの疑惑から辞任した前任のフリン氏とは大きく異なる。
フリン氏辞任から1週間。
ハワード退役海軍中将が補佐官就任の要請を辞退し、ボルトン国連大使らの名前が挙がるなど後任の調整に手間取っていた。
安保政策の要である補佐官の空席が長引けば政権運営全体に支障が出る。
ロシアとの関係改善を探るトランプ氏による対ロ強硬派のマクマスター氏の起用は、窮余の人事という面もある。
いまだ続くフリン氏を巡る疑惑の早期幕引きを図る狙いも透ける。
自身への批判を嫌うトランプ氏は直言型のマクマスター氏と協調できるか。
マクマスター氏はかつて上官の不評を買い、昇進が見送られたこともある。
トランプ政権の軍人重用が 鮮明になり、文民統制がしっかりと維持されるのかという疑問も再燃しそうだ。
85年にキャスリーン夫人と結婚。
3人の娘がいる。
H.R.のイニシャルで呼ばれる。
米政権の外交・安保政策のかじ取りを担う。
それから、 加圧シャツの鉄筋シャツを着ることによってこの血液が遮断され、血液を取り込む力が上がり、同時に物理的な力も上がるというわけです。
チョッとここで余談ですが、最近テレビや雑誌で話題のものに、専用の加圧ベルトを腕と脚のつけ根に巻き、血流を制限しながら行う「加圧トレーニング」というものがあります。
この加圧トレーニングについて、たまに加圧で筋肉に圧力がかかっているから、筋肉がそれに反発して力が入るということを書いている人がいます。
鉄筋シャツ

新たな国際秩序が構築されるかもしれません。

敏行です、本来なら、新大統領は自らの政策について、国民の代表である記者の質問に答える責任があります。
ところがトランプ氏は記者会見を滅多に開こうとしません。
都合の悪いことは聞かれたくない。自分の言いたいことだけを言いたい。
そのためにツイッターを通じて、一方的に主張しているのです。
たとえば、自動車メーカーのメキシコへの工場建設問題に横やりを入れたり、米マスコミが報じた大統領就任式への参加者数が実際よりも少なく報じられたと批判したりしています。
大統領の行動としては不誠実といわざるをえません。
これからの米国を考える上で、参考になる歴史があります。
米国が内向き政策を掲げたのは、いまに始まった ことではないからです。
20世紀初頭、米国は欧州とはお互いに干渉しないという外交政策の指針モンロー主義を掲げていました。
第1次世界大戦が起きた当初、米国は欧州での戦争には参戦しなかったのです。
やがて、4年に及ぶ第1次大戦が終わると、欧米諸国はドイツに巨額の賠償金を課しました。
その後、世界恐慌が襲来。各国は保護主義的な政策を強め、皮肉にも世界経済はさらに苦境に陥ったのです。
そして、ドイツでは、国民の熱狂に迎えられた新リーダーが、2度目の世界大戦への引き金を引いたのです。
大戦の惨禍を繰り返さないために、第2次大戦後に設立された国際連合欧州連合は、台頭する保護主義や右傾化の波に揺さぶられています。
米国が重要な役割を果たした国際 協調は過去のものとなり、大国の利害と緊張が生む新たな国際秩序が構築されるかもしれません。
ではでは、最後は「ヴィンテージワイン」の情報で〆ます。
生まれた年のワインプレゼント
生まれた年のワインは記念年と並んで、プレゼントとして人気があります。
気分的にも誕生年に製造されたという特別感があるのが人気の理由です。
長い時を経たものはさぞかし美味しいだろうというイメージがあり、何年物の逸品と時が経てば経つほど良いものになると想像されがちです。
しかし、それは実は大きな間違いなのです。

投資ばかりでなく勘定も伸びるかたちで増加が続くとの声がある。

敏行です、ビットコインの取引は9割程度を中国が占める。
中国には経済減速による資金流出懸念がつきまとうなか、トランプ氏が大統領選で勝利した昨年11月からはドル高・人民元安が加速。
中国では個人の外貨両替枠が年5万ドルに限られるがビットコインは対象外のため、資産防衛や値動きの大きさに目を付けた買いが加速していた。
この動きに懸念を強めた中国当局が、今年1月に入り大手のビットコイン取引所の検査に着手したと発表するなど締め付け姿勢を鮮明にした。
規制 導入の前ぶれととらえた中国の投資家はビットコイン売りに動いた。
ビットコイン情報サイト運営のコインデスクによると、ドル建て価格は1月5日の約3年ぶり高値となる1ビットコイン=1153ドル台から、1週間後の12日には35%安い746ドル台まで急落。
日本最大手の取引所ビットフライヤーの円建て価格は4日に過去最高の13万2709円を付けたが、12日にはそれより32%安い9万138円まで下がった。
今後は中国当局は実際に規制に動くと見込まれるため、価格も取引高も本格的な復調は見込みづらいとの指摘が出ている。
1月31日にはトランプ氏が中国や日本は何年も通貨安誘導を繰り広げていると批判。
ただ最近の市場では逆に、資金流出を懸念する中国当局人民元の買い支えに動いているとみられ ている。
当面は人民元安に歯止めがかかりそうで、この点からもビットコイン買いの誘因は落ちる。
一方、日本では買い物などに使えるケースが増えている。
今後は取引所の登録制がはじまり投資家保護の向上が期待されるうえ、7月から購入時の消費税の支払いがなくなる。
国内取引は投資ばかりでなく勘定も伸びるかたちで増加が続くとの声がある。
さて、気になる話題で今日のブログは終了します。
ラグジュアリホワイトにはハイドロキノンという成分が配合されており、この成分はアルブチンなど多くの化粧品で使われている美白成分の10~100倍の効果があると言われています。
しかし、ハイドロキノンは光や酸素、熱などの外的要因に弱い成分であるため、なかなか化粧品に使用することが難しいとされていました。
ところがアンプルールは、ハイドロキノンの安定化に成功したのです。
ラグジュアリーホワイト

製造業のネットワークが大打撃を受け世界に波及しかねない。

敏行です、米国が明確にイスラエル寄りに立つというサインになる。
イスラエルパレスチナの和平は米国が仲介役を果たさない限り実現できないとみられるが、中立的な仲介役としての米国の信頼性を損なうことになるだろう。
歴史的にはだれが統治してきたか。
国連は1947年、それまで英国が委任統治をしていたパレスチナを分割してアラブ国家とユダヤ国家をつくることを決めた。
このとき、エルサレム国連が管理する特別な都市にしようとしていた。
48年にユダヤ人の国である イスラエルができた後に第1次中東戦争がおこり、その後はイスラエルエルサレムの西側を、ヨルダンが東側を支配した。
67年の第3次中東戦争イスラエルが東エルサレムを占領。
イスラエルはいまも統一エルサレムを分けることができない永遠の首都と主張するが、国連に加盟する国の多くはイスラエルによる東エルサレムの併合を認めていない。
イスラエルは首相府などをエルサレムに置くが、米国や日本など多くの国は現在、大使館をテルアビブに置いている。
日本やアジアにとっての意味は。
かつて石油危機で不意を突かれた日本は、中東との関係の大切さを痛感した。
不安定な中東の政治情勢の裏にはつねにパレスチナ問題があり、原油や天然ガスにエネルギー資源を頼る日本にとっ ては人ごとでは済まされない。
原油の供給が止まれば、中国をはじめアジアにできあがった製造業のネットワークが大打撃を受け世界に波及しかねない。
米国が中東の安定に責任を果たし続けることは当然とはいえなくなっている。

国会序盤の論戦ではだんだか見えてこない。

敏行です、文部科学省での天下り問題もそうだ。
首相は再発防止を求めた公明党議員に強調した。
野党が追及する前に、懸案には先回りで発信する。
与党相手に積極的な発言を繰り出すのは、野党批判のリスクの芽を摘む狙いが透ける。
26日の予算委では、微妙な皇室問題に関して、過去の自身の主張を紹介し、天皇陛 下の退位問題を含めた積極的な国会議論を促した。
首相は自衛隊の敵基地攻撃能力の整備でも前向きに発言した。
周辺はあそこまで踏み込むとはと驚いた。
第2次安倍政権発足から4年が過ぎた。
難しい課題は担当閣僚を差し置いて率先して答弁し、論戦をリードする。
政府・与党から首相答弁は誰よりも安定している。
自信に満ちているとの声もある。
余裕の答弁の背景には、野党の問題もある。
内閣府は25日、2020年度に国と地方の基礎的財政収支を黒字化する目標の実現が困難との試算を発表した。
首相が掲げる目標が厳しいと、政府が表明した形だ。
だが、首相が国会で答弁を避けても、野党は激しい追及ができなかった。
民進党は首相に増税の可能性はただしたが、問題解決 の具体策は示さない。
増税や歳出削減など、痛みを伴う政策に言及しなければならないからだ。
民進党蓮舫代表は対案を示すと強調してきたが、こうした分野で現実的な対案は簡単ではない。
論戦は首相ペースになりがちだ。
野党も対案を示し、国会でしっかり議論すればいいのにね。
首相は周囲にこう語っているという。
首相周辺も今の野党は怖くないと自信満々だ。
安倍1強の次は――。
国会序盤の論戦ではだんだか見えてこない。
ではでは、最後は「美顔器」の情報で〆ます。
ほうれい線美顔器newaリフト
それを集中的に改善できるアイテムが、美容クリニックでもメスを使用しない人気治療である、サーマクールの家庭用バージョンの美顔器の『newaリフト』というわけです。
ほうれい線への改善効果は、家庭用でありながら抜群に良いのが、newaリフトの自慢の部分です。
美容クリニックへ行かなくても、ホームケアで簡単に、ほうれい線やフェイスラインの、たるみ解消の美容法を取り入れることができるんです。
マシンのサーマクールのパワーが働きますので、フェイスラインは引き締まって小顔効果をもたらすことになりますよ。
それから、お手入れを継続することでお肌がふっくらしますので、頬のこけを解消する効果ももたらしてくれます♪

両極とは違う方向性を模索すべきだ。

敏行です、それに伴い、新たな議会の役割、議会と首長の新たな関係などの課題が浮上してきた。
橋下徹大阪市長河村たかし名古屋市長などの登場、小池百合子東京都知事の誕生による議会との確執も新たな課題の表れだ。
首長が選挙を踏まえて自らの正統性のみを強調し、議会との対立構図を創り出す。
議会と首長をともに直接選挙するという日本の地方自治制度の特徴からすれば、当然想定できる。
また新たな議会・議員を支援する制度として政務活動費が条例に基づいて交付できることになった。
この意義を理解しない旧態依然とした議会・議員が不正受給を行っている。
地域経営での政治の重要性を踏まえ、地方自治制度の改革を考える時期に来ている。
その際、現行制度を前提とした改革と、制度自体 の改革という複眼的志向が必要だ。
現行の地方自治制度の下での議会の新たな役割、議会と首長の新たな関係を模索すべきだ。
議員も首長も直接住民が選挙する現行制度では、一方の極に、議会と首長が癒着することで議会が追認機関化し役割を果たせない経営がある。
他方の極に、議会と首長が激しい対立をただ繰り返す経営がある。
前者は監視が効かず、後者は不毛な対立が日常化し、どちらも住民福祉に逆行する。
両極とは違う方向性を模索すべきだ。
それは最近広がりをみせている議会基本条例の中に刻まれている。
閉鎖的な議会から住民に開かれ住民参加を促進する住民と歩む議会、質問・質疑だけの場から議員間討議を重視する議会、それらを踏まえながら追認機関ではなく 首長などと政策競争をする議会、という3つの原則だ。
では、推奨サイトをご紹介します。
抱っこひもエルゴ
育児グッズの中で必須アイテムと言えば、抱っこひも。
赤ちゃんってすぐ泣いちゃってママは抱っこが大変なんです。
体への負担を軽減し、抱っこ中も両手があく抱っこひもはあるととても便利です。
昔はバッテン紐の古臭いものばっかりでしたが、今ではオシャレな抱っこひもがたくさん売られています。
その中でも一番人気がある(芸能人の中で?)が、エルゴではないでしょうか。

日経の社長への質問では8割が副業はダメだと回答。

敏行です、リクルートキャリアは大企業の従業員が登録すればベンチャー企業の事業戦略会議などに参加できるサービスサンカクを提供している。
利用者は1万7千人と1年前から倍増した。
刺激を受けたり、腕試しできたりする。
専門家も効果を強調する。
早稲田大大学院の入山章栄准教授はイノベーションは様々な知識や経験の組み合わせで生まれる。
ひとりの会社員の中にキャリアやノウハ ウの多様性が求められると指摘する。
副業で経験を積んで能力を高めることは雇用側にも利点があるという。
政府も働き方改革の一環として後押しする。
一方、副業先を求める人材を受け入れ、新規事業を円滑に立ち上げようとする企業もある。
人材サービス会社のビザスクは副業したい人を登録し企業との間を仲介する。
同社は約2万2000人のアドバイザーを抱えるが、約7割が現役の企業役員や社員だ。
1時間単位で助言できる。
コニカミノルタは新規事業の一環として加齢臭といった人の体臭を数値化できる製品を開発している。
同社で新事業を担当するビジネスイノベーションセンタージャパンの甲田大介氏は大企業でも新規性が高いほど社内に精通した人材が少なくなると指摘する。< br>そこでビザスクから副業先を求めるベンチャー企業の現役技術者を11月に紹介され、約1時間にわたり家電の売れ筋や部品原価などの助言を受けた。
社内に人材がいない調香師や臭気判定士の助言も仰ぐことで製品開発スピードが上がった。
ダイセルパナソニックヘルスケアも同社の仲介で事業展開の助言を受けている。
ただ副業解禁に前向きな経営者は少数。
日経の社長への質問では8割が副業はダメだと回答。
最後にこんな情報をお伝えします。
結局、その人が言うんだったら間違いない!……とは思ったのですが、更に『ヒューロム』について調べてみたんです。
そしたら、更に信頼できる情報が。
ジューサーって、以前は高速回転のタイプが主流だったんですが、今では、ジューサーと言えば低速ジューサーのことを指すように言われてますよね。
ヒューロム